Blog

新入荷レコードの山を掘ってみる

新入荷レコードに山から、適当にピックしてみます。

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson):BAD
LPピクチャーレコード

RADIOHEAD(レディオヘッド) : KNIVES OUT
12inch レコード
カップリング曲”CUT TOUCH”は 初期RADIOHEADの名曲

パット・ベネター(Pat Benatar):真夜中の恋人達(In The Heat Of The Night)
パット・ベネターが1979年に発表したデビュー・アルバム
「ハートブレイカー」収録

ジャニス・イアンが1976年に発表した通算8枚目のアルバム。日本のTVドラマ『グッド・バイ・ママ』主題歌に起用された「恋は盲目(ラヴ・イズ・ブラインド)」他を収録。

ジェフ・ベック(Jeff Beck):ブロウ・バイ・ブロウ (Blow by Blow)
1975年リリースで後にハミングバードとして活躍するマックス・ミドルトン、ボブ・テンチ、クライヴ・チャーマンがジェフ・ベック・グループとして参加したアルバム。
スティーヴィー・ワンダー作曲の哀しみの恋人達」(Cause We’ve Ended As Lovers)収録。

エイジア(Asia):詠時感~時へのロマン~(Heat Of The Moment)
ジョン・ウェットン、ジェフリー・ダウンズ、スティーヴ・ハウ、カール・パーマーというプログレッシブ・ロックの大御所ミュージシャン達で結成された80年代のスーパーグループ。デビュー作にして最大のヒットアルバム。

フリートウッド・マック(Fleetwood Mac):牙 (タスク)(Tusk)
最大のヒット作『噂』 (Rumours) に続く12枚目のアルバム。リンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックス世代の一枚。

ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates):プライベート・アイズ(Private Eyes)
ベスト・ヒットUSA世代でのメガヒットアルバム、ブルー・アイド・ソウルからポップさを増して全米№1を出したアルバム。この後またソウルへと回帰していく。

スーパートランプ(Supertramp):ブレックファスト・イン・アメリカ(Breakfast in America)
6枚目のアルバムではじめてビルボードアルバムチャート1位になったアルバム。初期のプログレッシブからポップへと変容してブレイクした一枚。ポップロックとクラリネットの音色がオリジナリティあふれます。

スクリッティ・ポリッティ(Scritti Politti) :キューピッド&サイケ85(Cupid & Psyche 85)
坂本龍一も絶賛した80’sニューウェーブのはずれ曲なしの名盤。